2018 注文靴の全て – 1

タイトルに惹かれて辿り着いた方には申し訳ないのですが、ここでは基本的に高級ブランドの話はしません。

例えば、ロイヤルワラントを持つロブロンドン、そのパリ工場を買い取ったエルメスロブ、90年代あたりから日本での受注が開始されたクレバリー、2000年以降に増えた日本の若手職人たち。
そういった所の話題はなしです。

この辺は全てBuild to Oder(ビスポーク/フルオーダー)という注文方法ですが、ここで話題にするのはもっと簡便にコスト重視なパターンオーダーという奴です。

ビスポーク靴というのはクライアントの足を計測(色んな計測方法がメゾン/工房にはあります)し、ラスト(木型)を削り出し、仮靴を経て修正を加え仕立てるというものです。
※因みにロブロンドンには仮靴はありません。完全にフィットしたものにするためには何足も作る必要があります。

翻ってパターンオーダーでは基本的にラストは出来あい(レディメイド)の物を修正して使用します。
ビスポークを謳っていても既成ラストを使っているところは多く、但し修正範囲は広くなります。
一から削り出すよりは効率的です。




何故こんな内容を書こうと思ったか?
それは楽天で”MACERETO”というオーダーブランドを見付けたからです。

写真を見ると中々綺麗な靴です。(トップ画像の通称アデレードタイプののものは一例です)

しかし、書いてる説明が何だかおかしい。
そして、丹念に検索して見ると2か所のショップで扱いがあるのですが、大きく価格差がある。
更に調べました。
そこで判明したのが、朝鮮(南の方だとは思う)製のブランドであるということです。

ならば国産で同じような低価格オーダーは無いのかしら?と検索を進めていくと、幾つか見つかりました。

一長一短。

靴に出す金は惜しまないぜという方には物足りなかろうが、単に既成靴ではフィッティングに難がある程度の方には朗報と言えそうな話です。

さて、それでは書き進めてまいりましょう。
長くなりそうなので次回2に進みます。


ハンドメイドにおすすめの書籍


ハンドメイドに関する書籍の紹介です。
絶版も含みますので、オークションなどで入手するのも一手かと思います。

以下フラットテーラリング
Sewing Classic Clothes That Fit
Classic Tailoring Techniques: AConstruction Guide for Men’s Wear
Classic Tailoring Techniques for Menswear: A Construction Guide
Making Trousers for Men & Women: A Multimedia Sewing Workshop

以下ハンドメイドシューズ
Handmade Shoes for Men
手縫い靴のすべて
製靴書‐ビスポーク・シューメイキング: オーダーからその製作技術と哲学まで
紳士靴を仕立てる (Professional Series)
上2つは持っていて、良い本だと思います。
下2つは持ってませんが、恐らくこれから独学で靴を作っていきたいという人は一番下のやつを手に入れると良いだろうと思います。
但し、”盤石糊”なんて言葉に萌えてしまうような方なら、まずはヴォーシュ本ですね。

因みに、「ハンドメイドシューズフォーメン」は新海誠「言の葉の庭」に出てきた書籍です。

言の葉の庭は確か婦人靴のダイアナが協力してたと思うので、この主人公にはあまり関係のない本だと思います。
まあ演出上は美しいですね。

靴ヲタクにもオッと思わせるなら「手縫い靴のすべて」一択なのにと残念に思います。
新海演出の残念な部分が端的に見えてしまう。

仮の引っ越し先から移動加筆投稿



私たちホームメイドシューメイカーは少なからずLaszlo Vass – ラズロヴォーシュの弟子だと言えよう。
東欧ブダペストでイングリッシュウェルテッドの靴を作るVASSを取材して書かれた”Handmade Shoes for Men”は世界各国の靴好きたちにとってマニュアルでありリファレンスとなった。

ありがとうラズロ。

貴乃花の息子”花田優一くん”も靴職人を目指しているらしいが、きっと彼もラズロの弟子だね。
(まあ彼の作った靴をグーグル画像検索して確認すると、「こりゃあモゲだわ」と思いますけど。
シューメイキング ワークショップ・モゲ)

Vass Shoes
自分が靴を作り始めた15年ほど前にはVASSのwebサイトなんか無かった。
オンラインショップでは5万円弱でレディメイドのvassが買える。
今の靴好きは恵まれておるよ。


ベルギーの老舗帽子ブランドHERMAN