SDRフレームメッキの硬度

ヤマハSDR200(以下SDR)に関係した硬度を抜粋。

メッキの硬度を考えた場合、ビッカース硬度やヌーブ硬度では下地硬度に依存してしまうのでモース硬度を選択。
また、JISの鉛筆硬度試験の場合、最高硬度が9Hでモース硬度と比較した場合数値が凡そ半分になる。
となると鉄程度のひっかき硬度しか検討できないため、やはりモース硬度が適当と考えた。

以下モース硬度による比較
錫=1.8
亜鉛=2.5
塗装=2.5(凡そ爪の硬度)
アルミ=2.9
銅=3.0
ニッケル=3.5
ガラスコーティング=4.5(この数値前後)
鉄=4.5
コバルト=5.5
タングステン=7.5
クロム=9.0

モース硬度から見るとSDRフレームのメッキにおいてスズコバ合金メッキが採用されている理由は、装飾的な色味の解決ではなく、物性としての強度を理由とするものと判断できる。

wikipedia コバルト画像
コバルトの単体 – wikipedia
語源は”Kobalos”山の妖精

錫とコバルトの単体色は共に銀白色。
補修の際に錫のみを使用しても表面的な違和感はあまりないだろうと推定できる。
つまりハンダで補修できるだろうということ。

以前説明も何もなく唐突にハンダだけを紹介したことがありますが、まあこういうことです。
以前の投稿 – 鉛フリーハンダ

単にコストだけの問題で選択されたであろうスズコバメッキですが、レストアに於いてこれはとてもありがたい。

ヤマハよくやった!と言いたい。

また、補修範囲が広くなってしまった場合にはverometalという選択肢もあります。
verometalでは銅やら錫やら色々塗れます。
以前の投稿 – verometalなら・・・

と言う訳で、SDRメッキフレームの補修方法としては完全にメッキがやられてしまっている場合を除いて、再メッキでの対応は考えないのが正しい判断と考えています。

だってホームメイドの補修で済むのに高い金使ってやり直す意味って無いやん?


2TV メッキトラスフレーム 1
2TV メッキトラスフレーム 2 – まだ書いてないけど
2TV リヤアーム
各種物質の硬度(モース硬度) – 外部リンク

VeroMetalならブルーイングとか錆エージングとかできるね

Felightという名前でクラウドファンディングされていたようですが、これイイね。

『Felight』塗れる金属でDIYの世界を広げる。あなたは何を金属に変える? – Makuake

単にプラスティックにも施工できるメッキ系コーティングならば、カニゼン(無電解)メッキとか真空蒸着とか色々方法がある訳ですが、このVeroMetalだと鉄がイケル。

ということは写真にあるようなことがプラ銃でできるということ。(誤解なきよう。写真は実銃です。)

つまり、亜鉛やアルミ用ではなく「鉄用」のブルーイングができるということ。
これは素晴らしい!

ブルーイングとは言いつつも、単に黒染めぽいのも多く見られますが、このVeroMetalで鉄皮膜を付けてブルーイングしてやれば、名前通りのスチールブルーが出来上がる?
ヒートブルーって奴です。

そして、ちゃんと錆が生えるそうですからエイジングもできる。
というかほったらかせばエイジングする。

錆を再現する塗料もあるけれど、本物の錆が生やせる。
なのでプラタンクに施工して本物の錆を生やせる。
(因みに磁石も着きます)

錆ってやつは機械の機能を阻害してしまうので嫌われる訳ですが、金属の質感を演出する上ではとても魅力的なもの。
単に質感表現なら欲しくなる。

しかし残念ながら施工できないものもあるそうです。
空気、水、そして氷。

て、できないもんは無いってことやないかーい!

以前Fe(鉄)メッキてやつに注目が集まっておりましたが、現在プラのモデルガン(ガスガン)にFeメッキを施してくれる所は無いらしい。
そもそも鉄メッキというやつは金型補修などに使用される特殊なメッキなのでやってくれる所自体が少ない。

VeroMetalはトイガン業界的に魅力的だと思いますよ。

久し振りにテッポー弄りしたくてウズウズします。

※刻印消えるだろ?というご意見を承りましたが、天然木の木目が消えないようなので、イケる!!と踏んでおります。


バーチウッド スーパーブルー 染色剤 90ml 鉄用 スチール用

ドイツ生まれの特殊メタルコーティング Innovative MetalCoating
VeroMetal DIY KIT 100 販売価格 4,000円(税別)