4か月掛けてSDR200をフルレストアする動画@シンガポール

シンガポールのLee Shau Chingさんによる粗大ごみSDR200の再生記録動画です。

パッと見はそんなに酷くもなさそうですが、アップで詳細を見て行くと中々に手強い状態です。

2台あるんですね。
日本人が匙を投げたような奴が輸出されていくのでしょうか?
両方ともいい感じに粗大ごみです。

フューエルタンクの錆落しには重曹と酢を使うようです。
その前にはペイント総剥離されています。

弱い酸でゆっくりじっくり錆を落とすのが良い方法だと聞いたことがあるので、私も酢(酢酸)をタンクに投入しようと考えたことはあるのですが、匂いに耐えられそうもないのでやめました。

2度目の錆落しにはハインツを投入。

こっちは優しい匂いがしそうです。
フルーツ酸の錆落しもたくさん売られていますが、日本のバイク乗りでは燐酸使う人ばかりなのは何故でしょう?



結構金掛けてます。

メッキは掛け直し。
純正排気管やダウンチューブ、ステップブラケット、ラジエターのカバーなども総メッキ。

きっと彼の地ではメッキはお安いのでしょう。

しかしギランギランのマフラーは取り外して、あっさりイリーガルエグゾーストシステムアルファレーシングに。

SDR200.comさんからは外装グラフィックスやらエンジンマウントやら仕入れております。

4か月後にどんな状態になるのかは動画でご確認ください。
1週間前くらいに上がった動画のようですが、再生回数12回。
ヤマハSDR200、超人気ないねw

Yamaha SDR200 Restore&Rebuild – Youtube

VeroMetalならブルーイングとか錆エージングとかできるね

Felightという名前でクラウドファンディングされていたようですが、これイイね。

『Felight』塗れる金属でDIYの世界を広げる。あなたは何を金属に変える? – Makuake

単にプラスティックにも施工できるメッキ系コーティングならば、カニゼン(無電解)メッキとか真空蒸着とか色々方法がある訳ですが、このVeroMetalだと鉄がイケル。

ということは写真にあるようなことがプラ銃でできるということ。(誤解なきよう。写真は実銃です。)

つまり、亜鉛やアルミ用ではなく「鉄用」のブルーイングができるということ。
これは素晴らしい!

ブルーイングとは言いつつも、単に黒染めぽいのも多く見られますが、このVeroMetalで鉄皮膜を付けてブルーイングしてやれば、名前通りのスチールブルーが出来上がる?
ヒートブルーって奴です。

そして、ちゃんと錆が生えるそうですからエイジングもできる。
というかほったらかせばエイジングする。

錆を再現する塗料もあるけれど、本物の錆が生やせる。
なのでプラタンクに施工して本物の錆を生やせる。
(因みに磁石も着きます)

錆ってやつは機械の機能を阻害してしまうので嫌われる訳ですが、金属の質感を演出する上ではとても魅力的なもの。
単に質感表現なら欲しくなる。

しかし残念ながら施工できないものもあるそうです。
空気、水、そして氷。

て、できないもんは無いってことやないかーい!

以前Fe(鉄)メッキてやつに注目が集まっておりましたが、現在プラのモデルガン(ガスガン)にFeメッキを施してくれる所は無いらしい。
そもそも鉄メッキというやつは金型補修などに使用される特殊なメッキなのでやってくれる所自体が少ない。

VeroMetalはトイガン業界的に魅力的だと思いますよ。

久し振りにテッポー弄りしたくてウズウズします。

※刻印消えるだろ?というご意見を承りましたが、天然木の木目が消えないようなので、イケる!!と踏んでおります。


バーチウッド スーパーブルー 染色剤 90ml 鉄用 スチール用

ドイツ生まれの特殊メタルコーティング Innovative MetalCoating
VeroMetal DIY KIT 100 販売価格 4,000円(税別)