遅いよホンダ、3年も何してやがった!


電動バイクってどうなってくんでしょうね?
てな話を電動スクーターのメーカーさんとした時に、「ホンダが郵政カブで出すからこれが本命だよね」なんてことを言ってた。

郵政ブランドがくっ付けばそりゃ強いよね。
販売台数も見積もれるしさ。

この話、3年近く前。
今までいったい何やってたの、ホンダさん?


トラスフレームのSDRライクな電動バイクのとこでも書きましたけど、電動バイクの法規制は凄くおかしい。
まともじゃないレベルなので、ホンダ+郵政が動き始めるなら、これが変わる可能性がある。

来年2018年から実証実験開始ということですから、「こんなんじゃ坂登れねーよ、使えねーな、たく!!」なんて文句が配達員さんから大量に入って、行政宛に規制変更の要請が入ることでしょう。

いきなり最大トルク発生しちゃうのが電気モーターなんで、いつもの調子でスロットル開いて、そこら中でおっ立っちゃってる郵便屋さん見るのも楽しみだったりもします。

これなら電動SDRも動き出せるかも知れないな。
2020年モデル電動SDR。イェイ!


電動バイクって基本単純なんですよ。
フォークリフトあたりのモーターをマウントして、バカでかい特注ドリブンスプロケット(直径30cmくらい)付けてやれば良い。

金が掛かるのは日進月歩で大容量化していくバッテリーだけ。
そして日進月歩で安くなっていく。

あー愉しみ。

頼むよ、ホンダ+郵政。
行政動かしてね♥

電動化によって進化するスーパーカブの「本質」 – Honda EV-Cub

トラスフレームのSDRライクな電動バイク


Endless-sphere.com
Endless-sphere.com – Suzuki RG250F Gamma conversion
The GSX-E

近所に電動カートをやっているおじさんが居て、話しをしている内に電動バイクを作ってみたくなった。

最初に手に入れたのはSDRのフレーム。
小さいバイクがマイブームだったから、何となく手に入れました。

ただね、排気量換算がすごくおかしい。
原付2種換算だと上限出力1kwで50ccエンジン車以下のパワーしか認められない。
その癖、その上のクラスになると上限無し。

当局はまるでやる気なしですね。(出力規定は昭和30年代から変わっていないそうですよ)
そんな訳でSDR電動化は凍結。
エンジン原2登録車両作りへと進む訳です。

でもでも、この写真見ると、やっぱアリだな、電動SDR。

電動スクーターが普及しない原因ってこれだと思うんだよね。
市街地は良いけど、ちょっと郊外に行って坂を登ろうとするとへこたれるんだそうです。
郊外住まいの人ほど、スクーターのような簡便な乗り物欲しいよね?
検討まではしても、実際に売れる訳がないw

2020に向けて改変しなさいよ>当局