馬鹿でもCDIは自作できる – 親切な人のお蔭で


ここんところ++さんのとこで開発されたDT200R系エンジン用CDI。
そもそもSDR200(2TV)用なのだけれど、プログラムの書き換えで色んな車種で使用実績があるようです。

さて、調べても調べても、学んでも学んでも、さっぱりチンプンカンプンな自分は、この超絶素敵で無敵な自作CDIを指を咥えて見ているしかありませんでした。
そういう人はこの世に私一人ということはないようで、このCDIの半完成品やら完成品がヤフオクに出品されるや3万円以上の値が付いています。

あらまぁ、私たちのような電子無能な人間たちは金に頼らなくてはならないのでしょうか?

断じて否であります。
そしてやっと分かりました、分からない理由が。
キーワードはガーバーファイル。

wikipediaによると
ガーバーフォーマット(Gerber Format)は、プリント基板の設計や製造で使用されるファイルフォーマットのひとつである。プリント基板(配線パターンやソルダーマスク、シンボルマークなど)のイメージ、ドリルやルーター加工のデータが格納される。プリント基板の設計工程から製造工程へデータを受け渡すファイルフォーマットのデファクト・スタンダードである。




プラプラの人が提供している、意味不明なファイルの塊をDLして開いてみると、gerberなるフォルダがあり、そこを掘って行くとzipファイルに辿り着きます。
これが基盤を発注するためのファイルです。

これさえ分かれば後は工作するだけ。

まずは基盤を発注。
国内の業者さんは中華の業者さんの何倍もしますので(結局作るのは中華なのだけれど)、色々と調べて良き所を選びます。
使用するパーツはリスト化して提供されていますので、秋葉原行くとか、日本橋行くとか、ネット通販するとかで入手します。
部品が揃えば、練習したように半田付けしてプログラムを書き込む。
そういう流れです。

1455CDI_v22.txt

1455CDI_v22.gts

1455CDI_v22.gtl

1455CDI_v22.gto

1455CDI_v22.gml

プラプラの人はこれを更にSOP化しようとしているらしいので、もう完全に市販品レベルになるのでしょう。

そして私のような無能な人間は、ただ黙して利用させて頂くという訳です。
感謝しましょう。

俺と同じとこで躓いてた人、結構居るよね?


ここんところ++
Open Source Replica CDI – OSR-CDIという名称のCDIで、マニュアル提供されています。

4か月掛けてSDR200をフルレストアする動画@シンガポール

シンガポールのLee Shau Chingさんによる粗大ごみSDR200の再生記録動画です。

パッと見はそんなに酷くもなさそうですが、アップで詳細を見て行くと中々に手強い状態です。

2台あるんですね。
日本人が匙を投げたような奴が輸出されていくのでしょうか?
両方ともいい感じに粗大ごみです。

フューエルタンクの錆落しには重曹と酢を使うようです。
その前にはペイント総剥離されています。

弱い酸でゆっくりじっくり錆を落とすのが良い方法だと聞いたことがあるので、私も酢(酢酸)をタンクに投入しようと考えたことはあるのですが、匂いに耐えられそうもないのでやめました。

2度目の錆落しにはハインツを投入。

こっちは優しい匂いがしそうです。
フルーツ酸の錆落しもたくさん売られていますが、日本のバイク乗りでは燐酸使う人ばかりなのは何故でしょう?



結構金掛けてます。

メッキは掛け直し。
純正排気管やダウンチューブ、ステップブラケット、ラジエターのカバーなども総メッキ。

きっと彼の地ではメッキはお安いのでしょう。

しかしギランギランのマフラーは取り外して、あっさりイリーガルエグゾーストシステムアルファレーシングに。

SDR200.comさんからは外装グラフィックスやらエンジンマウントやら仕入れております。

4か月後にどんな状態になるのかは動画でご確認ください。
1週間前くらいに上がった動画のようですが、再生回数12回。
ヤマハSDR200、超人気ないねw

Yamaha SDR200 Restore&Rebuild – Youtube