4か月掛けてSDR200をフルレストアする動画@シンガポール

シンガポールのLee Shau Chingさんによる粗大ごみSDR200の再生記録動画です。

パッと見はそんなに酷くもなさそうですが、アップで詳細を見て行くと中々に手強い状態です。

2台あるんですね。
日本人が匙を投げたような奴が輸出されていくのでしょうか?
両方ともいい感じに粗大ごみです。

フューエルタンクの錆落しには重曹と酢を使うようです。
その前にはペイント総剥離されています。

弱い酸でゆっくりじっくり錆を落とすのが良い方法だと聞いたことがあるので、私も酢(酢酸)をタンクに投入しようと考えたことはあるのですが、匂いに耐えられそうもないのでやめました。

2度目の錆落しにはハインツを投入。

こっちは優しい匂いがしそうです。
フルーツ酸の錆落しもたくさん売られていますが、日本のバイク乗りでは燐酸使う人ばかりなのは何故でしょう?



結構金掛けてます。

メッキは掛け直し。
純正排気管やダウンチューブ、ステップブラケット、ラジエターのカバーなども総メッキ。

きっと彼の地ではメッキはお安いのでしょう。

しかしギランギランのマフラーは取り外して、あっさりイリーガルエグゾーストシステムアルファレーシングに。

SDR200.comさんからは外装グラフィックスやらエンジンマウントやら仕入れております。

4か月後にどんな状態になるのかは動画でご確認ください。
1週間前くらいに上がった動画のようですが、再生回数12回。
ヤマハSDR200、超人気ないねw

Yamaha SDR200 Restore&Rebuild – Youtube

キャブ用鍋小ねじ

TRUSCO ナベ頭小ネジ ユニクロ M4X15 200本入 416円(税込)
新品のTMキャブを見ると、本当は有色クロメート(建築材料みたいに虹色に安っぽいやつ)なのだけれど、そんなネジは意外と見つからない。
翻って中古キャブを見れば、普通にユニクロメッキにしか見えない。
と言う訳で、まあいいでしょう。
因みにサイズも本当は中途半端にM4x14だと思う。
拘るならここにあります。

これにM4の平ワッシャを組み合わせる。
こっちも本当は有色クロメートな筈。
ユニクロ 平ワッシャー M4 1個1円(税込)

以上配管材料プロ トキワ

一生掛かっても、M4x15のナベコ200本も使う訳がないのだけれど都会暮らしはネジ1本買うにも苦労する。
東急ハンズに行ったら郊外DIYストアの10倍くらいするでしょうから、子孫の為に残すつもりで我慢する。

こっちは少し少ないけれどワッシャが無いんだよね。
まとめて注文しないと送料無駄になるからね。
ユニクロ鍋小ネジ ISO M4×15 1袋(約90本) 254円(税込)

まあステンレスネジで探せばもっと少量で手頃なのが見つかる筈なんだけれど、ステンネジはちょっと・・・。