4か月掛けてSDR200をフルレストアする動画@シンガポール

シンガポールのLee Shau Chingさんによる粗大ごみSDR200の再生記録動画です。

パッと見はそんなに酷くもなさそうですが、アップで詳細を見て行くと中々に手強い状態です。

2台あるんですね。
日本人が匙を投げたような奴が輸出されていくのでしょうか?
両方ともいい感じに粗大ごみです。

フューエルタンクの錆落しには重曹と酢を使うようです。
その前にはペイント総剥離されています。

弱い酸でゆっくりじっくり錆を落とすのが良い方法だと聞いたことがあるので、私も酢(酢酸)をタンクに投入しようと考えたことはあるのですが、匂いに耐えられそうもないのでやめました。

2度目の錆落しにはハインツを投入。

こっちは優しい匂いがしそうです。
フルーツ酸の錆落しもたくさん売られていますが、日本のバイク乗りでは燐酸使う人ばかりなのは何故でしょう?



結構金掛けてます。

メッキは掛け直し。
純正排気管やダウンチューブ、ステップブラケット、ラジエターのカバーなども総メッキ。

きっと彼の地ではメッキはお安いのでしょう。

しかしギランギランのマフラーは取り外して、あっさりイリーガルエグゾーストシステムアルファレーシングに。

SDR200.comさんからは外装グラフィックスやらエンジンマウントやら仕入れております。

4か月後にどんな状態になるのかは動画でご確認ください。
1週間前くらいに上がった動画のようですが、再生回数12回。
ヤマハSDR200、超人気ないねw

Yamaha SDR200 Restore&Rebuild – Youtube

ヤマハSDR200 35周年ミーティング参戦車?

30周年ミーティングが終わったばかりだけれど、次回35周年にはこいつで行けたら最高だと思う。
皆さんの土産話を見ると、今回のミーティングでは還暦過ぎのベテランさんの参加もあったようなので、俺も5年後でも行けるかも?

ドイツのモペッド屋さんSachs社によるイカした単車、Sachs XTC-R125。

想像してみてください。
居並ぶSDRの中に何事も無いようにコイツを紛れ込ませようとする男の姿を。

遠巻きに感じる視線。
何が起こっているのか?という困惑の表情。
何か変な空気になってザワつくことは間違いない。


エンジンはヤマハDT125R(3MB/スイス仕様だっけか?)でヤマハからOEM供給をうけている様子。
なのでSDR200の2TVエンジンを載せるのはそう難しくない筈。

でも、こいつは手に入れるだけで苦労するね。
多分輸入しないと無理だと思う。

日本国内で見掛けることがあったら・・・いや、冷静に考えたらネタのためにそこまでするようなファンキーな人間じゃないわ俺w





Sachs Beast
4st 100cc Vツインのコンセプトモデル
小排気量好きには心躍ります。
現行XTC125のタンク形状のベースになったのはこれですね。


Sito ufficiale Sachs