ホーメルベーコンを燃料にした3気筒エンジンバイク


3年前のネタですから多分当時は話題になったのだと思います。
日本ではスパムやコンビーフで有名な、ホーメルの記念事業みたいな形で、「ベーコンの脂で走るバイク作ったら面白くネ?」みたいな恐らくヤンキーノリの企画だったのでしょう。

要はディーゼルエンジンありきでもって、ディーゼルってほんとどんな油でも動くんだなってことに感心するお話です。

でもまあ、かっこいいよねこの造形。

SDRのようなトラスフレームでも、ボバールックなカスタム車両が作れるんだというのはちょっとした発見です。

特徴的なアルミのエアクリーナーボックスから解き放ってやれば、SDRも色々な姿になれるのかも知れない。
ほっとけば、往年のTZ125レーサー風味にしかならないものね。


元になったのはコレ。
2010年販売開始のE.V.A. TRACK T-800CDIというオランダのデュアルパーパス。
当時の価格はUSD 20,000です。


ストリップするとイメージが湧いてきますね。

ギッシリミッチリフレームイッパイに納まったディーゼルエンジンがかっこいいです。
エンジン抱いて走る、若しくはエンジンに跨って走らせるというハーレー乗りが好む感覚はどうやら私も持っているようです。

これって直列3気筒のターボチャージドレシプロエンジンに見えるんですが、マジっすかw
凄いな。
これがアリならアルトターボ載せた単車とか作れるね。

We did it. we really made one.
The world’s first bacon-fueled motorcycle
official site

ボクサーエンジンは欲しいけどBMWじゃ嫌だという人は


ソビエト社会主義共和国連邦(現ロシア)の単車”ウラル”。

彼の国では鉄砲も自動車も単車も時計も、インダストリアルプロダクツのどれもこれもがユニーク。

ある時期で技術の進化というか変化が停止してしまっているため、好事家の好む旧い技術がいまだに現役。
だがそれがイイ。

旧東ドイツの時計ランゲ&ゾーネ然り、東欧靴然り、キューバのアメ車然り、中華人民共和国の香箱時計然り。
もうこれ以上進化も変化もイランわという物は多い。
それを求めて好事家たちはコミュニズム国家を目指す。

自分らがとてつもない宝を持ってることを君らもっと意識した方がいいよ。
主に中華人民共和国。


ウラルはBMWのコピー品。
プーチンもブラッドピットもご愛用です。

基本的にサイドカー仕様なのだけれど、soloというカーなしもラインナップされている。
というか、輸入される際にはアッセンブリー状態のバラバラ。
さながらキットカーの如き単車です。
価格は80万円程度で、BMWと比較すれば半額くらいなんでしょうか?


こんな感じでカスタムされてます。

cossack motorcycles
URALの他Dniproも紹介。


ベンベにありがちなカスタムとは相当異質なこんなのもあって、ウラルには注目ですね。

ウラルジャパン株式会社