2018 注文靴の全て – 1

タイトルに惹かれて辿り着いた方には申し訳ないのですが、ここでは基本的に高級ブランドの話はしません。

例えば、ロイヤルワラントを持つロブロンドン、そのパリ工場を買い取ったエルメスロブ、90年代あたりから日本での受注が開始されたクレバリー、2000年以降に増えた日本の若手職人たち。
そういった所の話題はなしです。

この辺は全てBuild to Oder(ビスポーク/フルオーダー)という注文方法ですが、ここで話題にするのはもっと簡便にコスト重視なパターンオーダーという奴です。

ビスポーク靴というのはクライアントの足を計測(色んな計測方法がメゾン/工房にはあります)し、ラスト(木型)を削り出し、仮靴を経て修正を加え仕立てるというものです。
※因みにロブロンドンには仮靴はありません。完全にフィットしたものにするためには何足も作る必要があります。

翻ってパターンオーダーでは基本的にラストは出来あい(レディメイド)の物を修正して使用します。
ビスポークを謳っていても既成ラストを使っているところは多く、但し修正範囲は広くなります。
一から削り出すよりは効率的です。




何故こんな内容を書こうと思ったか?
それは楽天で”MACERETO”というオーダーブランドを見付けたからです。

写真を見ると中々綺麗な靴です。(トップ画像の通称アデレードタイプののものは一例です)

しかし、書いてる説明が何だかおかしい。
そして、丹念に検索して見ると2か所のショップで扱いがあるのですが、大きく価格差がある。
更に調べました。
そこで判明したのが、朝鮮(南の方だとは思う)製のブランドであるということです。

ならば国産で同じような低価格オーダーは無いのかしら?と検索を進めていくと、幾つか見つかりました。

一長一短。

靴に出す金は惜しまないぜという方には物足りなかろうが、単に既成靴ではフィッティングに難がある程度の方には朗報と言えそうな話です。

さて、それでは書き進めてまいりましょう。
長くなりそうなので次回2に進みます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。