SDR200にYZ250エンジンが積まれていたら


SDR30周年ミーティングの中でSDR開発者の口から「YZ250のエンジンも検討された」という発言があったそうな。

もしSDRにYZ250エンジンが積まれていたなら、きっともっと売れていたでしょう。
あの頃はバイクブームでニワカライダーが大勢生まれました。
私もその一人で、その原因が250ccクラスの拡充だった訳です。

初のクォーターマルチであるGS250FW。(本当に遅かった。)
そしてそれを追うように(否、追ったんだね)FZ250フェイザー。
TZR250を起点としたレーサーレプリカ群。

車検が無くて保険料が安くて、日本人レーサーが活躍してたり、集合管が付けられたりする。

高速も乗れてツーリングもできる。
なので北海道はニワカで溢れた。(みつばち族)
維持費を気にしないで原チャリ以上の単車が乗れる。これがなきゃきっと単車に手出すことはなかったな

ニワカライダー的には250ccという排気量はとても重要なもので、中途半端な200ccなんて到底受け入れられるものではありません。
50cc分損した気になる。

何とびんぼくさい。


今でもびんぼくさい私は小さい缶コーヒーに手を出すことなぞ有り得ません。


そんな状況ですから営業的にはSDRにも250ccは当然求められたでしょう。
そういった意味からはSDRに250ccなんてのは何の疑問もありませんし、むしろ当然。

とは言え、2st単気筒250ccバイクのレース規格もありませんから、レーサーレプリカに在らずばバイクにあらずという時代では大ブームは起こせなかったでしょう。
でも先駆的にSRX4&6が存在していましたので、同じテイストを持つSDRもそれなりには売れてくれたことでしょう。

で、SDRが売れればどうなるか?

中古車市場にタマが増える。
そして後年に残る車両数も増え、当然手頃な価格で手に入ることになる。
純正非純正を問わず部品も豊富に流通する。

50馬力を超えるようなエンジンだからフレームや足回りも当然剛性の高いものになる。(勿論適正なところまでデチューンされる訳だけどそれでも、ね)

さて、それは果たしてSDRなのだろうか?

YZ250エンジンのSDRが販売された未来。
間違いなく「2stのSRX」と異名されていた筈。

YZ250エンジン積みたかった人はきっとそれが理想だった人なんだろね。

でもね
タマはそこそこ豊富で程度の良い中古車が手に入るそんな未来の私は、きっとYZ80あたりのエンジンを積んで足回りをプアにする計画を立てたことでしょう。
安いから妥協するけど、でもフレームは何とか軽くしてーなーなどとボヤきながら。

結論
SDRにYZエンジン積まれなくて、「本 当 に 良 か っ た !」


SDRにYZエンジン積んだ人 やっちゃいました!
カスタマイズという作業は良いのです。否定しません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。