ベーメルのパティーヌ

[パティーヌ] ブログ村キーワード[ベーメル] ブログ村キーワード

先日のTX和風総本家で、ステファノベーメルでのパティーヌが紹介されていたのでメモ。
コロンブスのアルコール染料を使ってた。
メルトダイナーか?

現在メルトダイナーは廃盤になったらしく、クラフトダイナーってのを販売しています。
こんな感じ

もっと安い染料が沢山あるのにコロンブス使っているのは、これが良いからなんでしょうかね?

仮の引っ越し先から移動投稿


Patine (cuir)
Stefano Bemer
ステファノベーメルの靴は本当に美しい。

イタリアでcobbler(靴修理人)を経験する中で、修理に持ち込まれる古い技術で作られたクォリティの高い靴から、現代では失われた技術を習得し後の靴作りに生かした。

要約するとそういう靴職人です。

コストを考えるとどれだけ手を抜くかというのは重要な話ですから、そこに意味を見出して昔ながらに作る職人と、コストを飲み込みそれを望む客の双方が揃わなければ存在しえない高級靴(高額ではなく)市場。

そう考えるとベーメルが偉いというより、客が偉いとも言えちゃいますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。