不人気車こそカスタムするとかっこいいという事実


Honda CX 500 Sport “Japan style”
エドターナーさんというフランスのカスタムビルダーの手になるホンダCX500カスタム。

ジャパンスタイルというのは何なのか?と思って見ていくと、フューエルタンクに鎧武者のイラストがデザインされています。

これ、猛烈にかっこいいですね。
他の誰にも似ていない孤高のデザイン。

調べてみるとCX500はボバー系カスタムのベースとして世界中の様々なビルダーに使われているようで、単車のカスタムビルダーにとっては「人気車」とも言えるのでしょうが、エドさんが選んだのは同じCX500でもユーロの方。
ちょっとした拘りでしょうか?
CX500ターボでないことも?


写真のカタログはCX400ユーロ。

自分はコムスターホイールが凄く嫌いなんですが、こうなるとコムスター以外は考えられない気になってしまいます。

しかしまあ、CXですよ。
全体的な印象に引き摺られて、カスタムしようなんて気にならない。
それどころかこの単車に跨ろう、この単車を我が物にしようなんて気にはとてもなりません。

本質的な造形を見抜く力。
それが無ければこんなカスタムはできませんね。
そもそもにモトグッツィのV型エンジンがあったからこそ、廉価に入手できるCXが目に入ったということなんでしょうか?

でも、数あるグッツィカスタムよりも、ずーっとカッチョ良いです。
シリンダーが外側に捻られている感じがとてつもなく良い。
ホンダのエンジン造形担当者の能力は凄く高いですね。

やっぱりCXで正解なんでしょう。

不人気車にも美しい造形は隠れている。
不遇なデザイナーのプロダクトに陽の目を当てたいもんです。


Ed Turner motorcycles
他にも色々あるから見たら良いさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。