ヤマハSDR200でチョッパーは凄くイカしてる


うちのブログの読者を調べてみると
35~50歳の男性が100%
孫がいたって全然不思議の無い、もう完全にお爺ちゃんから、せいぜいおっさんという姿が見えた。

今年で30周年を迎えたヤマハSDR200。
年齢からすればこのままでは40周年はおろか35周年をSDR乗りで迎えることも厳しそうだ。

でもご安心ください。
SDRのポジションがきついなら、きつくなくしたらいいじゃない。

SDRのヌードを見たことがある人なら誰でも一度は「これチョッパーにしたら面白くね?」と思ったことがある筈だ。
無いですか?
俺だけ?

いやまあ、やってみなくちゃ始まらない。
で、やってみましたよ。

どうでしょう?
俺的には結構かっこいいなという感想です。


交換したパーツは以下
フラッシャーをヨーロピアンタイプに変更する都合からヘッドライトステーをSRX250の物に。
同形状のヘッドライトステーではあるけれども、フラッシャー取付ステー部分の形状が違っていて、汎用あるいは流用の場合にはSRX250のステーが必須です。

それ以外ではサドルシート。
クロムメッキのリアフェンダー。
これはゼファーかなんかのフロントフェンダーを加工。
テールライトはモンキー。
アルミ製ワンオフフォワードステップ。
エアクリーナーを収める場所がなくなってしまったのでパワーフィルター。
バッテリー収める場所がないのでバッテリーレスに。
フューエルタンクはダミーとして、前側にフューエルタンク、後ろにオイルタンクを格納。

それ以外は何一つSDR200から変更していない。
ポジションが変わった関係から多少重心が下がっているだろうけれども、車重もほぼ変化なく走りはSDRそのままの筈。

走らせられるチョッパーですよ。

かなり現実感のあるカスタマイズだし、チョッパーっていらないパーツを剥ぎ取ってシンプルにする改造だし、スリムな車体は必須だからSDRのトラスフレームはピッタリ。

生まれながらにカスタムなSDRのメッキフレームもここぞとばかり映える。


さあどうだ。
これならおっさんでも爺さんでもSDR行けるでしょ。
40周年目指せますね。

後いじるとしたら、フロントフォークを左右入れ替え。
ブレーキキャリパーをクラシックにフロントに置いて、左配置にする。
この場合のフロントホイールはRZ250R(3HM)ですね。


ベルギーの老舗帽子ブランドHERMAN

ベーコンバイクに影響を受けてSDRカスタムの絵を描いてみた


クリックで拡大

とりあえず仕上げる価値があるかどうか分からないので概略まで。
ベーコンボバーが何とも気になっちゃうのでやってみたけど、意外とかっこいいね。

SDRはフルノーマルが絶対だという原理主義者なので、SDRとして成立するバイクのデザインではなく、SDRのフレームを使ってどんな現代的なデザインを作れるかという習作です。

なので、名付けてSDR INCORRECT

SDRは50ccバイク並みの華奢なフレームを持っているので、中々現代的なバイクデザイン(ボバー風味)は似合わない筈。
これを成立させようと思えば結構な力仕事。

どうだろう、上手く行っただろうか?

ベースはSDR200そのまま。
だけどタイヤ外径は少し大きく。
SDRを特徴づけるアルミのエアクリーナーボックスを取り払い、シートレールを新造。
外装はモダンGKデザインなXSR。
グッツィかなんかのロケットカウル付。
フレーム自体は無加工というのは大切なポイント。
大切なSDRを傷物にしてはいけません。


こっちはロケットカウル取ったネイキッド。
これベースにスクランブラーも良いかな、などと思う。

小排気量のレーサーライクなカスタマイズ以外でもSDRが使えるんだという意識を持っていただいて、更にSDR人気が高まれば良いなあと思うのです。