音叉 – tuning fork


単車乗りに音叉と言えばヤマハを思い浮かべるのでしょうが、時計も好きだとなると多分真っ先に思い浮かぶのはブローバ。

音叉時計は次世代ムーブメントとして誕生後、1969年のセイコークォーツの登場によりあっという間に忘れ去られた。
より正確で格段に安かったのだから、スイス時計を壊滅へと導くクォーツショック(Quartz crisis)という言葉が生まれたのも納得もんです。

ブローバの音叉時計がアキュトロン、セイコー初のクォーツ腕時計はアストロン。
もう完全に音叉に喧嘩を売ってます。
当時の日本のイケイケドンドン感を象徴するようなできごとであります。

しかしですね、70年代の時計造形は私、好きじゃありません。

50年代60年代あたりのブローバとなると、そこそこ好きなものもありますが(アラーム時計集めてるのでブローバアラームは持ってます。)、アキュトロンなブローバを欲しいと思ったことは一度もない。

そもそもコレクション欲というものは持たないようにしようと中学生の頃に決めて以来守り続けておりますので、必要以上な時計コレクションなぞ手を出さないのであります。


そんな私ですが、機会あれば欲しいと思っている時計がアラーム以外にも一つあります。

そいつは”カラーダイアル”。

白やクリームといった文字盤ではなく、赤青黄色といったカラフルな文字盤を持ったやつです。

ジラールペルゴも好きなので、幾つか持ってますけど、ジャイロマチックのカラーダイアルって結構あります。
機会があればと思いながらも、今の所機会がありません。

そんなところにグリーンダイアルに音叉機構をもったブローバ。
シチズン製です。(ブローバブランドを現在持っているのはシチズンなのです。)


Bulova Accutron II [並行輸入品] – amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。