SATO pan


日本の企業、株式会社LIXILが開発、発展途上国向けに販売している簡易型トイレ。
蚊の殲滅を願うビル&メリンダ・ゲイツ財団の助成を受け開発。
価格は凡そUSD 2。

A Japanese toilet developed by LIXIL Co., Ltd., and sold to developing countries.
Developed under the auspices of the Bill & Melinda Gates Foundation wishing for the annihilation of mosquitoes.
The price is about USD 2.

Les entreprises japonaises, le développement Ltd LIXIL, wc simplifié qui est vendu à des pays en développement.
Développement financé par la Fondation Bill & Melinda Gates, qui espère l’extermination des moustiques.
Le prix est d’environ USD 2.

こういう機能特化したシンプルなプロダクトって大好き。


2011年4月、トステム株式会社を存続会社として、株式会社INAX、新日軽株式会社、東洋エクステリア株式会社、(初代)株式会社LIXILの4社を吸収合併して、商号を(2代目)株式会社LIXILに変更。さらに、サンウエーブ工業株式会社の開発・管理部門も統合。

トステムとINAXと後どっかがくっ付いてできた会社という意識があったけど、なんか凄く巨大な住関連企業と化しておるのですね。

LIXIL – wikipedia
株式会社LIXIL
ビル&メリンダ・ゲイツ財団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。