きんぴら


きんぴらが好きだ。

飯に合わせる以上に、麺に合わせるのが好きだ。
麺に合わせると、細く切った形状から、口の中で違和感を感じることなく、存分に堪能できる。

インスタントラーメンにこれでもかというくらいドバっと乗せて食うのが最高だ。
この場合は塩ラーメンが良い。
味噌も醤油も論外だ。
北海道の生まれだけれど、もやしが乗ったやつは腹立たしくて喰う気にならない。

焼きそばに乗せるのも好きだ。
やっぱりドバと乗せたい。

飯と言う物は、大雑把に言えば色んな味が複雑に絡み合うほど美味しさを感じるものだけれど、焼きそばソースの辛みと塩味に、きんぴらの甘辛さが口の中で旨味の足し引きを繰り返す。

スパゲティーも良い。
どちらかと言うとスパゲティよりスパゲティーニの方が合う。
カッペリーニだと流石に負ける。
この場合、パースタと合うなんて大雑把なことは言えない。
そもそもスパゲッチをパースタなんて言う奴とは一緒に飯を食う気にもならない。

あーきんぴら食いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。