2TV フロントフォークOH(準備)

まずは消耗品を1円でも安く調達するところから始めます。

SRX250フロントフォークオイルシールを探してみると、2UJ-23145-00という部番が出てきます。
これは何かと調べてみると、2007・2008年のビラーゴXV250の海外モデルが2UJ。

ヤマハパーツ検索では、3DM(内部パーツは51Yと共通です)までの国内販売ビラーゴしか出てこないのだけれど、部番統合されていないだけで同じ物であることは間違いなさそう。
マジェスティ250(4D9)とも共通部品です。

よって、フロントフォーク内臓は、51Y、3DM、2UJ、4D9と共通です。(マジェスティのテーパースピンドル、スライドメタルなどを除く)
純正シール類の製造元は恐らくARS/株式会社荒井製作所

ならばコレ、1個350円で純正691円のほぼ半額。
NTB FOY-01 フロントフォークオイルシール FOY-01 1個
パーツダイレクト楽天市場店

NTB(株式会社丸中洋行)製なら文句無い。

参考) パーツリスト指定/51Y-23145-00 ヤマハ純正 オイルシール


ダストカバーが痛んでいるなら綺麗にしたいが、セットで1,300円を超える。交換必須パーツではないので懐に余裕があれば、とする。

社外品は見つからなかったが、2UJ用が660円で品番51Yの691円より安い。
ヤマハ純正 シール ダスト 2UJ-23144-00 1個【あす楽対応】

ヤマハ純正 シール ダスト 51Y-23144-00


台湾ヤマハシグナスX125なら社外品レベルの価格で値頃。
(部番4P9-F3191-00) – 多分変わらない。問題ない、筈。
ヤマハ純正 マジェスティS/SMAX シールダスト(1個) 351円(税込)
注)普段も安いんでしょ?と思うけど、一応2017年3/4~3/9の楽天セール限定
ヤフオクで検索してみたら当たり前のように1個500円で落札されていた所を見ると、かなり安いらしい。すいません、俺の分4個残しておいてください。


見えない所で金属が錆びているのは許せない性質なので、スナップリングを交換。


ヤマハ純正 リング スナップ 22W-23153-L0
材質はピアノ線か硬鋼線(ピアノ線の方が品質管理厳しいらしいです)。

関係ないですけど、花王アタックも30周年。
SDR200とタメなんですね。
そして裕次郎は没後30年。

さて続けます。
以下は、恐らくは交換の必要がないパーツ。
バラした後に決定。

2TV フロントフォークにパーツダイアグラムを用意していますので、付け合せて確認できます。


ヤマハ純正 メタル スライド1 51Y-23125-00
銅製の板材にテフロンなど自己潤滑性のコーティング(無電解ニッケルメッキ被膜に樹脂微粒子を整列させたもの – あってるかしらこの表現?)して巻いたもの。
汎用部品は見当たりませんでした。

ヤマハ純正 スピンドル テーパ 5A8-23173-00
オイルロックピース(ヤマハ呼称ではテーパースピンドル)
外径22mm アルミ製

ヤマハ純正 ボルト ヘキサゴンソケツトヘツド 278-23181-50

ヤマハ純正 ガスケット 509-23158-L0
上のソケットヘッドヘキサゴンボルトと対になる銅ワッシャ。
フロントフォークシリンダーがフロントフォークアウターの中に真っ直ぐ固定されること。何よりも大切なことなので、この銅ワッシャも意外と重要なパーツなのだろうと思います。座屈したりしないよう変形には気を付けます。

ヤマハ純正 シリンダコンプリート,フロントフオーク 51Y-23170-00 販売終了
フロントフォークシートパイプ(ヤマハ呼称フォークシリンダー)トップアウトスプリング(リバウンドスプリング)とセット。確認は取れていないけど、多分スプリング単品でも出ない。

このスプリング、一般的にはフォークが伸びきった時の緩衝目的に組み込まれているものですが、メインスプリングの交換などを伴うサスセッティングの際、積極的に利用することができる。
現状、俺如きが安易に手を出せるようなもんじゃない気がするので、基本的に触らない。何かあっても見なかったことにする。


ヤマハ純正 シート,スプリングアツパ 583-23142-00 販売終了

薄い鍔付カラーになっているが、同じくスペーサ組込みタイプであるビラーゴなどでは単純な平ワッシャが使用されているので、それでも足りるのかな?と思う。
何故か、スペーサ無しのSRX250も鍔付


ヤマハ純正 スペーサ 5N8-23118-00 551円(税込)
SRX250(51Y、3TY)には組み込まれていないパーツです。
YZ80N スペーサ 58T-23118-L0の流用も面白いかも。

自由長の長いスプリング見つければ(古い車両だとRD400なんかも33Φインナチューブだった筈なので、多分長くて組込みも可能でしょう)、スペーサーが不要になりそうな気はします。
長過ぎると捻じれがネガティブな影響与えるのかも知れない。(自分で変化を追えないようなド下手は何も考えてはいけない部分ですね、やっぱり。)
後はマジェスティあたりのスペーサー組み合わせてみるとか、鉄管切るだけで作れそう。

材質と径と厚みと全長が必要ですね。
いずれ追記します。


ヤマハ純正 ガスケット 3J2-23114-00
恐らくARS/荒井製作所製でNBR(ニトリルゴム)と思われます。

ヤマハ純正 ボルトキヤツプ 51Y-23111-10 販売終了
ヤマハ純正 ボルトキャップ 2JN-23111-00
多分これが使えます。TW200、ビラーゴ用キャプボルト

Fフォークヤマハ規定オイル量/255cc(標準10G)

フォークオイルは何故かスズキが安い。(1Lで1,180円~1,280円)
KYB製なので相性に不安は無い。
一旦溢れさせるので1リットルで3セット交換可能。
スズキ フロントフォークオイル カヤバ10G/1L (99000-99044-10G)
スズキ フロントフォークオイル カヤバ15G/1L (99000-99044-15G)
スズキ フロントフォークオイル カヤバ20G/1L (99000-99044-20G)

混ぜてオイル粘度を調整すると、お手軽にチューナー気分が味わえますw
4セット交換するにはちょっと足りないので、その時は4stエンジンオイルやATFを混ぜることも可能。
SEA/5Wが5G、10Wが10G、15Wで15G。

フロントフォークオイル粘度表
こういうのまとめる人は偉い!尊敬します。けど、判断しにくいわあ。

1本分だけならカワサキが安い350ml
カワサキ フロントフォークオイル 2F j440910022

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。