Crank shaft 125


これは何のクランクシャフトでしょう?


コンロッドには2RHの文字

TZR125でしょうか?
DT125R(34X/3FW)も2RHですね。

小さくて可愛い♥

ネットの海は広大で、ここで見つからなければ、それは存在しない不可能なものを意味します。
やっている人が誰もいなければ、それは不可能なやる意味のないことなのでしょう。

でも、やってみたい。
だって、できないという事実も有用な情報ですもの。

写真はTDR250の1KTエンジンから取り外され、分解されたクランクシャフトで、サブAssyを除外したクランクウェブだけ使用し、クランクピン(37F-11681-00/TZR125からDT200WRに至るまでコレ/RZ125は36F)を組み込みリビルドしようとしています。

楠みちはるあいつとララバイではBMW Rシリーズのシリンダーヘッドを、ガリガリと削りながらハードなコーナーリングしているシーンがあります。
そんなことにならないよう、モーラーサイクルのエンジン幅は極力詰めたいものなので、RZ-Rのシリンダーなどは、左右非対称で内側の冷却流路を狭くしてエンジン幅を詰める努力をしているようです。


クランクウェブとクランクサブアッシーの厚み比較

当然、同じ並列2気筒のTZR250エンジンでも幅を詰める努力はしている筈で、恐らくシャフト長は短くなっていると思われます。
どのくらい短くなっているものか、手元のTZR125(2RM)エンジンOH時に検証してみたいと思います。


【メーカー在庫あり】 37F-11681-00 ヤマハ純正 ピン クランク1
株式会社ヒロチー商事 楽天市場店

今思ったけれど、RZ250R(29L)のクランクシャフトを使った方が、シャフト長に問題無い気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。